屋形船で宴会なら『琉球狗』へ


酒盛り琉球狗!!

酒盛り『琉球狗』へようこそ

突然ですがみなさんは、屋形船を利用したことはありますか?
ロマンチックにデートやまたは合コンや花火の打ち上げ花見、いつもと違った雰囲気の歓送迎会・忘新年会の宴会などお酒や日本酒を通販して呑みたくなってきてしまいましたw。 屋形船はさまざまなシチュエーションで用いられる宴会場所の一つだと思うのです。その魅力はとても多く、一度屋形船を利用した人はその魅力にどっぷりハマってしまって、こだわりの屋形船を持っている人もいるという話です。

水上の開放感、豪華な料理、パノラマの夜景、潮の香り。ちょっとリッチな気分を演出してくれるのが屋形船です。

屋形船の歴史は古く、その原型は日本最古の歌集「万葉集」でも詠(うた)われています。
屋形とは、元々日光や雨風をしのぐために作られた「苫(とま)」が発達したもので、平安時代以降、貴族の遊船、年貢輸送船、官船、商船と様々な船に屋形が取り付けられるようになりました。
もちろん貴族用の豪華な屋形と庶民的な商船用の屋形は目的が異なるために、構造や装飾も大きく違ってきました。
そんな貴族が楽しんだ屋形船は、江戸時代には大名・武家の持ち物になりました。
金・銀・漆・絵画などあらゆる手段で装飾し、お客さんは芸者衆と遊ぶことが一般的となり、さらには長さ十一間(約20m)・幅約3間(約5m)にもなる巨大な船を建造するなど豪華絢爛な時代を迎えたのです。
料亭よりも格式が高い」と言われる所以はこのあたりにあるのかもしれません。
屋形船遊びは、昭和20年前後より、戦後の混乱・水質汚染などにより一時その隆盛に陰りが見えましたが、昭和の終わりごろになると今のようなエンターテイメント性の強い屋形船が登場します。
一般的には20名程度が定員となりますが、最近は定員100名クラスの提灯付き大型屋形船も出現しました。設備も最新で通信カラオケや、エアコンが搭載されています。
昔の屋形船は涼をもとめての夏場が盛りでしたが、現在はオールシーズンです。
花見の四月。五月は新緑の季節、七月〜八月は夕涼み、屋形船から眺める花火は夏の風物詩となっています。
秋は、お月見や紅葉狩り。1年を通してすてきな夜景が見られますが空気の澄んだ冬の夜景は絶景です。

おすすめWEBサイト

ヴィンテージ家具をお求めでしたら、おすすめのショップです。

アンティークランプ

スワロフスキーをまとめて購入するなら激安価格が一番

スワロフスキー 激安

おしゃれなアンティーク家具が豊富な通販サイトです。

アンティーク ソファ

Last update:2018/4/27


↑トップへ

屋形船情報、酒盛り琉球狗コピーライト